姓名判断|「赤ちゃん」に良い名付けにする6つのポイントと自分でやる方法。

今回の姓名判断は「赤ちゃん」の名付けです。

これから生まれてきてくれるあなたにとって最も愛しい存在の赤ちゃん。

その赤ちゃんにあなたが最初にプレゼントするのが、「名前(名付け)」です。

 

姓名には、吉凶があります。

普段占いを気にしてない人も、どうせ名前を付けるなら吉が良いですよね。

私も自分の赤ちゃんに名前を考える時、あまりに迷いすぎて泣いてしまった恥ずかしい経験があります。

そんな涙するくらい悩んで決めた名前のおかげか今は、めちゃくちゃ元気で明るく優しい子に育っています。

今回は、良い名前を付けるために気をつけるべき6つのポイントをご紹介します。

 

読みやすい文字を使う

赤ちゃんの名づけで大切な事1つ目は「読みやすい名前」にする。

あなたの赤ちゃんの名前はこれから沢山の人に呼ばれることになります。

 

若者からお年寄りまでまんべんなくです。

その時、名前をみて読み間違ってしまったら、自分だけでなく相手も不快になってしまいます。

例えば、学校の名札に「隆也」という名前があったとします。

この名前あなたはなんて読みましたか?

「たかや」

「たかなり」

「りゅうや」

「しげや」

「もりや」

「ときや」

などなど色んな読み方ができます。

 

こういった色んな読み方がある場合、間違った時の説明をあなたのお子さんが何度も訂正しないといけません。

初対面で名前を間違えられた時、何度もです。

何度も何度も名前を訂正する時間は正直言ってもったいないです。

なのでできれば、読み間違えない読みやすい漢字を使って下さい。

 

さらに、人間は間違ったり失敗するのがとっても嫌な生き物です。

名前を間違ってしまったことで第一印象を悪くしてしまうことだってあります。

 

誰もが間違えなく読んでくれたり読んでもらえることが大切です。

 

そういった意味ではキラキラネームは、少々危険ですね。

キラキラネームで言うと以下のようなものがあります。

振門体(ふるもんてぃ)
嘉緒翠(かおす)
芽凸(がこ)
芯次威(しんでぃー)
萌羅等南(もららな)
陽(ぴん)
京桜靖(きょおせい) など、

一見して予想もつかないような読み方かつ不可思議な名前のオンパレードです。

おそらくですが、こういった方は、名前についての読み方から始まりどういった名前の意味なのか説明する機会が非常に多いでしょう。

 

書きやすい文字を使う

名前の文字には、字画が多いものと少ないものがあります。

どちらが良いかと言うと圧倒的に字画が少ない方を私はおすすめしています。

 

字画が多いことで時間が取られるデメリットがあるからです。

 

おそらく時間が取られてしまうので一番最初に実感するのが

学校のテストです。

画数が多いことで他の人より数秒時間をロスします。

また習字で名前を書く時、字が潰れやすいという意見も聞きます。

 

これは極端な例ですが水曜日のダウンタウンというTV番組で

メチャクチャながい名前を調査してました。

その名前が

”太郎喜左衛門將時能”

”たろうきざえもんのしょうときのり”さん

と読むそうです。

絶対名前書くだけでテストで1~2分は掛かりそう。

 

時間は有限です。

 

なので、画数がどちらでも吉凶的に変わらないのであれば、書きやすい漢字のほうを採用しましょう。

 

 

呼ぶと笑顔に名前にする

3つは、あなたがご自身の子供の名前を呼んだら笑顔になる名前にしましょう。

おそらくお子さんの名前をもっとも発するのが、ご両親です。

ご両親が呼びやすかったり呼ぶと笑顔になっちゃうような名前にしましょう。

 

呼ぶと笑顔になっちゃうというのは、頭の中でイメージしてみて下さい。

 

元気に生まれてきたお子さんにあなたはなんて呼んでいるのか。

「たろう?」「いちろう?」「さとし?」「たけし?」

「ゆか?」「はな?」「ゆいこ?」「りょうこ?」

などなど、あなたにとって呼びやすい名前で呼んだら思わずにやっとなる呼び名がでてきます。

名前でなくても愛称(あだ名)でもOK!

例えば「ゆうすけ」だったら「ゆうくん」とか「ゆっくん」とか

子供の名前ですがあなたが最も多く使う名前でもあります。

 

名前は、子供の為でもありますが実はあなたのためでもあるんです。

あなたが笑顔なら子供は当然笑顔になります。

あなたが子供のことをなんて呼びたい考えてみて見て下さい。

 

良い意味の漢字を使う

漢字には、字そのものに意味があります。

人は、その名前にふさわしい人間になっていきます。

 

なのであなたがどんなふうに成長してほしいのかを考えて漢字を入れましょう。

 

例えば、のびのび成長してほしいなら漢字としては

伸、芽、盛、桃、杏などがおすすめです。

漢字の意味を検索して調べて良い意味の漢字を使いましょう。

 

やめたほうが良い漢字

例えば、一般的にやめておいたほうがよい漢字は「死」や「悪」といった不吉を連想させるもの。

「悪夢」と書いてないとめあ

「狂死郎」と書いてきょうしろう

 

カッコいいからと言う理由でいれるには結構ヘビーな名前です。

どうしても悪という漢字や死という漢字に引っ張られてしまいます。

 

人格・地格・外格・総格の数が吉か確認する

名前の呼び方や入れたい漢字がある程度きまったら続いては画数を確認します。

一番いいのは全ての画数で吉であることです。

でもどうしてもどれかが凶になってしまうといった場合、総格と人格は絶対吉になるようにしましょう。

格の優先順位的には、

1.総格

2.人格

3.外格

4.地格

の順になります。

 

五行三才のバランスを見る

そして、最後に五行三才のバランスを見ることが重要です。

五行は木火土金水(もっかどこんすい)という世界は5つの元素によって分けられるを定義とした考え方となります。

この5つのタイプのいずれか当てはめて三才である(天格・人格・地格)とのバランスを見ます。

導き出し方は簡単で、三才である(天格・人格・地格)のひとけた目の数値を見て下さい。

そのひとけた目の数値でタイプがわかります。

タイプの見分けるひょうはこちらです。

1,2 木

3,4 火

5,6 土

7,8 金

9,0 水

 

例えば、天格が12だった場合

ひとけための数値が2なので「木」タイプとなります。

 

五行三才については別記事にてご確認下さい。

姓名判断|五行三才で性格をチェックする方法とは

 

赤ちゃんの名づけの方法

では実際に名付けの方法についてやってみましょう。

今回は、名字が鈴木さんで男の子の名前を付ける想定でやります。

まず、自分の名字を書いて五行を導いて下さい。

鈴木さんの場合

13 天格
17
4
外格 人格
地格
総格:

 

13と4で17画で、7は五行でいうと「金」になります。

 

続いて地格と総画の吉数を出す

続いて総画数81画のなかから良い画数を見つけます。

総格で吉数なのは、21 23 31 32 48など。

総画数から天格を引くと地格を得る事ができます。

今回は、天才運である32で進めてみましょう。

総格32-天格17で15

 

13 天格
17(金)
4
外格 人格
地格
15(土)
総格:32

 

つづいて、人格を導きます。

五行説から天格と地格と相性の良いモノにする必要があります。

今回、天格は金。地格が土。

金と相性が良いのは、水と土と金

土と相性が良いのは、金と火と土

つまり人格が「金(7 8)」か「土(5 6)」となるようにしましょう。

 

今回は、名前を12と3に分けました。

13 天格
17(金)

4
外格
16
大吉
人格
16(土)
大吉
12 地格
15(土)
大吉
3
総格:32

三才配置『金⇒土⇒土』大吉』となりました。

 

そしてに、外格です。

外格が16だと統領運となり大吉です。

鈴木さんの場合名前が12と3だと良い結果となりました。

 

最後に画数にあった漢字で名前を作ってみましょう。

 

12画の漢字

森、雲、絵、間、場、晴、朝、答、道、買、番、飲、運、温、階、寒、期、軽、湖、港、歯、集、暑、勝、植、短、着、湯、登、等、童、悲、筆、遊、葉、陽、落、開、覚、喜、給、極、景、結、最、散、順、焼、象、然、隊、達、貯、博、飯、費、満、無、量、街、営、過、賀、検、減、証、税、絶、測、属、貸、提、程、統、備、評、富、復、報、貿、割、貴、勤、筋、敬、裁、策、詞、就、衆、善、創、装、尊、痛、晩、補、棒、揮、握、嵐、偉、椅、詠、越、媛、援、奥、渦、葛、喚、堪、換、敢、棺、款、閑、幾、棋、欺、喫、距、御、暁、琴、遇、隅、圏、堅、雇、喉、慌、硬、絞、項、詐、酢、傘、紫、滋、軸、湿、煮、循、掌、晶、焦、硝、粧、詔、畳、殖、診、尋、須、遂、随、婿、疎、訴、喪、痩、葬、堕、惰、替、棚、弾、遅、貼、超、椎、塚、堤、渡、塔、搭、棟、痘、筒、鈍、廃、媒、斑、蛮、扉、普、幅、雰、塀、遍、募、傍、帽、喩、愉、湧、猶、裕、雄、揚、揺、絡、痢、硫、塁、裂、廊、惑、湾、腕、葵、渥、絢、粟、閏、瑛、堰、甥、凱、萱、粥、雁、稀、卿、喬、欽、喰、寓、隈、戟、喧、硯、腔、犀、堺、斯、惹、竣、湘、厨、棲、疏、惣、揃、巽、湛、智、筑、註、喋、脹、堵、董、敦、琶、萩、筈、斐、琵、葡、葺、淵、焚、湊、椋、貰、遥、裡、琳、禄、椀、惺、琥、皓、翔、釉、堯、焰、渚、猪、琢、惡、爲、逸、渴、虛、惠、揭、黃、黑、視、剩、搜、曾、單、著、都、盜、萬、虜、蛙、蛤、蛭、椙、棉、菰、菟、葱、葎、渠、溌、揖、硲、鈎、詑、黍、屡、屠、靭、筏、韮、覗、牌、弼、斌、悶、蛔、蛞、蛟、蛛、蛯、蛩、猴、猯、猩、猥、鈞、釿、鈔、鈬、鈕、鈑、鈩、粭、粫、粡、粨、粤、粢、舒、傀、傚、傅、剴、勞、凖、厦、厥、喙、喀、喊、喟、啾、喘、喞、啼、喃、喇、喨、啻、圍、堙、堝、堡、壺、壹、壻、奢、奠、媚、嫂、孳、寔、寐、孱、嵎、嵋、嵜、嵌、嵒、幇、幄、幃、幀、廁、廂、弑、彭、徨、愕、惶、愀、惴、愃、惻、惱、愎、悳、戞、掾、揩、揀、揆、揣、揉、插、揶、揄、掣、敞、敝、暃、晰、暎、朞、棊、棘、棗、棠、椏、椁、椈、椢、椦、棡、椌、棍、棔、棧、棕、椶、椒、椄、棣、椥、棹、棯、椨、椪、椚、椣、椡、棆、欹、殘、殕、殼、毳、毯、浹、渭、湮、渙、湲、湟、渾、渣、湫、渫、湶、湍、渟、湃、渺、湎、渤、渝、游、溂、焜、焙、牋、犂、犇、琲、琺、瓠、甦、畫、畭、畴、痙、痣、痞、發、皖、皴、睇、硴、稈、稍、窗、窘、窖、竢、竦、筐、筍、筌、筅、筬、筝、絳、絖、絎、絲、絨、絏、絣、絮、翕、耋、聒、腋、腆、脾、腓、腑、隋、萸、葭、萪、萼、蒄、葷、葫、葮、蒂、葩、葆、葯、葹、萵、葢、裙、覃、覘、觝、詈、訶、詁、詛、詒、詆、谺、貂、貳、賁、貽、赧、趁、跏、跚、跖、跌、跛、跋、躰、軼、軻、軫、辜、逶、逵、逹、鄂、酣、酥、閔、閖、隍、雋、靫、靱、颪、馮、馭、黹

 

3画の漢字

下、口、三、山、子、女、小、上、夕、千、川、大、土、丸、弓、工、才、万、士、久、干、己、寸、亡、及、巾、乞、丈、刃、凡、与、之、也、叉、勺、已、巳、个、于、兀、刄、囗、夂、夊、孑、宀、尢、尸、屮、巛、幺、广、廴、廾、弋、彑、彡

 

 

12画と3画だと次のような名前ができます。

裕子,智子,裕子,陽子,陽子,達也,達也,智子,敦子,博之,順子,葉子,貴子,晶子,道子,順子,裕之,勝子,晴子,景子

 

こちらはあくまで一例です。

響きや呼び方等好みもあると思います。

色んな組み合わせをしてみて、あなたの赤ちゃんにプレゼントしたい名前を考えてみて下さい。

 

まとめ

赤ちゃんに良い名前をつけてプレゼントする方法でした。

 

赤ちゃんの名付けでは、できるだけ凶数は避けるようにして下さい。

総格と人格は特に気をつけて下さい。

 

ただ姓名判断にこだわりすぎるあまり、むりやり当て字にしたり不自然な名前にならないようにしましょう。

おすすめは、画数がみじかくてわかりやすい!そしてあなたが親しみをもてる名前にしましょう。

 

 

私の

鑑定