【嘘】引き寄せの法則で「効果がない人」と「効果がある人」の違い

今回は「引き寄せの法則」についてです。

私は当初、引き寄せの法則について「思っただけで願いが叶う」とかなんとか聞いていたので

なんというか正直胡散臭いものだと思っていました。

でもきちんと勉強して理解してみると意外としっかりしていることに気づき今回ご紹介いたします。

 

こんな人にオススメの記事になります。

こんな人にオススメ
  1. 引き寄せの法則をやってみたけど効果が感じられない。
  2. いつになっても人生がうまい方向に行かない。
  3. 引き寄せの法則について理解を深めたい。

 

 

そんな人に読んでもらいたい記事になります。

もしかしたら、あなたが今、引き寄せの法則の効果を感じられてない場合、嘘の情報を掴んでいるかもしれません。

もしくは嘘ではないのですが、説明不足で間違った解釈をしている可能性があります。

 

こちらを読むことで、あなたは正しい引き寄せの法則と間違った引き寄せの法則を知ることができます。

よろしければ、確認してみてください。

 

引き寄せの法則「効果がない人」と「効果がある人」の違い

引き寄せの法則「効果がない人」と「効果がある人」の違い

結論からお伝えすると5つほどあります。

 

効果が無い人の特徴

  1. 願ったりイメージしたりするだけの誰かにお願いしている感覚
  2. 「アタマ(顕在意識)」で考える
  3. 強くイメージする
  4. 「ない」波動になる
  5. ネガティブな感情を捨てポジティブな感情だけを持つ

 

 

効果がある人の特徴

  1. 波動を上げて魂を成長させる
  2. 「ハート(潜在意識)」で考える
  3. リラックスした状態でいる
  4. 「ある」波動になる
  5. ネガティブな感情とポジティブな感情の両方を持つ

 

では、1~5について順にご説明します。

まず1つめの、波動を上げて魂を成長させる。についてご説明します。

これは大前提である引き寄せの法則について説明することでわかります。

引き寄せの法則の本来の意味とは

引き寄せの法則「効果がない人」と「効果がある人」の違い

引き寄せの法則とは、「波動が共鳴するものが寄り集まる」宇宙の法則です。

波動とは、全ての万物がとそれぞれ持っているエネルギーの周波数のことです。

ラジオの周波数のように同じ周波数の人・周波数が近い人や物に引き寄せられるのです。

その周波数(波動)を変化させれば、環境も体験する出来事も変わることになります。

 

なので人生を変えるには、波動を変えれば良いんです。

 

「願えば叶う」とか「思ったことが現実化する」といった願望実現なのではなく、願望実現を入り口とした魂の成長させるための方法なんです。

 

つまり願ったら叶うと思っている人はスタート地点にいるだけということなので願望が叶うことはないでしょう。

自分を変えるため成長させるための手段とわかっている人が願望を実現することができます。

 

「アタマ(顕在意識)」ではなく「ハート(潜在意識)」で考える

 

「アタマ(顕在意識)」とは、自分で考えて、行動することが出来る意識。

「ハート(潜在意識)」とは、私たちが意識することができない意識(無意識)。

潜在意識は、過去の経験や知識として知ったこと、

見たり聞いたり感じた印象や思考が本人が忘れていても記録されているところであり、

あなたが日々の生活の中で選択を迫られた時、潜在意識の中にある記憶そして価値観・信念に照らし合わせその後の行動基準を決めています。

 

潜在意識と顕在意識はたとえで良く氷山を使った解説があります。

潜在意識と顕在意識はたとえで良く氷山を使った解説があります。

 

水面から突き出している部分が顕在意識、

水面下に隠れている部分が潜在意識です。

潜在意識は全体の約9割を占めていると言われており、

自分では自覚もコントロールもできないとも言われています。

 

その顕在意識では、ダイエットするぞとおもっていても、潜在意識はダイエットやりたくない・めんどくさいなどと思っていると

潜在意識のほうが反映されてしまいます。

なので、この潜在意識を変える必要があります。

 

効果がある人は「感情」の使い方を理解している人です。

 

強くイメージするのではなくリラックスする

よく引き寄せの法則で聞くのが「強くイメージすれば良い」「強く思えば叶う」という人がいます。

なぜつよくイメージしないといけないのか、それは、気合いが足りないだとか、もっと自分がなりたい自分になったときのことを強く考えること頑張ることこそが大切だというからです。

でも実際は、頑張らないでリラックスしてやることが大切です。

 

頑張っている時に「頑張れ」と言われたらどう思いますか。

精いっぱい頑張っているなら、それ以上に頑張りようがありません。

むしろ、かえってストレスになる場合もあるのです。

最適なリラックスした状態で「願いを叶えるのは簡単だな」という意識です。

 

願望が実現する時は流れに乗るように抵抗なくすんなりかなっていくものなので、リラックスして取り組んでみてください。

 

「ない」波動と「ある」波動

効果がない人の引き寄せの法則の認識で意外と間違っているのが「引き寄せの法則は、無いものを補ってくれるもの」。

「自分には手に入れることができない●●を願ったら、宇宙がなんとかしてくれる」

 

これは宇宙はなんとかしてくれませんし、手に入れることはできません。

この考えが実現する時は、クリスマスのサンタさんくらいでしょう(笑

 

引き寄せの法則とは

自分が出す波動が共鳴する事で起こっているので、あなたが「自分には手に入れることができない」と思っていたら、手に入れられない波動となるのです。

なので今回でいうと「自分には手に入れることができる●●。手に入れるために必要なことをやって自分の波動(成長)を上昇させよう」というかんがえでいると引き寄せの法則の効果が感じられるでしょう。

 

 

ポジティブな感情だけでなくネガティブな感情も受け入れる

ポジティブな感情だけでなくネガティブな感情も受け入れる

一般的な引き寄せの法則では、「感情が常にポジティブ」で有ることが重要視されています。

「ネガティブな感情」は感じてはいけず、「ネガティブな感情」がないフリをしたり、「ネガティブな感情」を隠蔽するようにすること言われてませんか?

 

「ネガティブな感情」も含めてあなたと言う存在なので、「ネガティブな感情」を隠そうとすると、自分自身を見失いやすくなります。

自分が何を欲しているのか、何が楽しいのか、どうしたいのか、全くわからなくなるのです。

 

引き寄せの効果を感じるためには、「ポジティブな感情」と「ネガティブな感情」をその場で受け入れて感じることが大切です。

 

今の感情をしっかり感じて言語化してください。

もし、あなたの中にあるモヤモヤが「怒り」だったら・・・

その感情を受け止めてください。

「怒り」だけでなく、「悲しみ」、「あきらめ」色々出てくることでしょう。

 

「ネガティブな感情」が出てきても慌てて打ち消さずにそのまま残しておいてください。

受け入れてください。

 

すると時間が経つにつれて別の感情が浮かんでできます。

今度はそれを言語化して行ってみましょう。

ネガティブな感情は封印せずに、一度受け入れた上で次の感情に移動することが重要です。

 

一度受け入れることで心のなかにあるネガティブな感情を溜め込まないようにするんです。

 

ネガティブな感情をきちんと処理することで、よりよい引き寄せの法則が行うことができます。

 

参考にしたオススメ本

今回、上記の内容は以下の本で私が学んだ内容になります。

 

真実の引き寄せの法則 「ハートにしたがう」だけで、すべての願いは叶う

真実の引き寄せの法則 「ハートにしたがう」だけで、すべての願いは叶う

 

こちらの本では今回の内容をより詳しく書かれています。

さらにお金もちになるには。恋愛でうまくいく方法の実践なんかも書かれているのでとても面白かったです。

 

まとめ

私は今回読んだ本で「引き寄せの法則」とは、決してただ願うだけ叶うというものではなく、

願いを叶えるために成長するためのマインドを鍛えるものなんだと感じました。

 

私はまだまだ自分のなりたい自分像になれてないので、自分の目指す成功像へたどり着けるように成長していきたいと思います。

 

今回私が引き寄せの法則を読んだきっかけは

姓名判断のお仕事をしていると、悩み相談者の中には「運を上げる方法はないですか?」という相談をされることがあります。

姓名判断で運が良い時期を鑑定することはできますが

それ以外の分野での運を高める方法についても勉強しています。

多角的なアドバイスができたほうが、相談者の方も嬉しいのではないかと考えて実行中です。

 

なので、姓名判断鑑定をしつつ、多角的なアドバイスであなたの悩み解消いたします。

もし、今悩みがあって前に進めない人がいましたら私の鑑定をご利用ください。