こちらは、Googleやツイッター上で注目されている人を勝手に鑑定する【姓名判断鑑定ブログ】。

今回は、元プロ野球選手の「清原和博」さん。

 

2019年11月「清原和博」さんが監督としてデビュー嬉しいですね!

なんというかやっぱりみんな番長大好きなんですよね。私もそのひとりなので、姓名判断してみたのでご紹介します。

さっそく鑑定してみましょう。

「清原 和博」の姓名判断鑑定結果

11 天格
21
10
外格
23 大吉
人格
18 中吉
8 地格
20 大凶
12
総格:41 大吉
五行三才の配置 は、「吉」
天格 人格 地格
木(陽) 金(陰) 水(陰)

 

清原和博さんの鑑定結果

 

まず天格(先祖・姓運)が「21」。

「21」の画数は吉 「自立、独立、自由」

男性にとっては中吉数です。責任感が強く堅実で、晩年にはこれまでの努力が実ります。

面倒見も良く、多くの人から信頼を寄せられます。

 

人格(社会運 20~50歳)が「18」。

「18」の画数は吉 「忍耐、気力、活気」を表します。

生命力に満ちあふれた中吉数です。

意志が強く、さらに実力も兼ね備えており、困難にぶつかっても最後までやりぬくことができます。

集団に属するよりも、独立して手に職をつけるビジネスで大成するでしょう。その一方でやや協調性に欠けた一面があるため、注意が必要です。

 

基礎運(0~20歳)が「20」です。

「20」の画数は、凶で 「転落、混乱、降格」です。

対人関係にトラブルを抱えやすい大凶数です。

自分自身は悪くないのになぜかトラブルに巻き込まれるなど、不運を抱え込みやすいでしょう。

辛い現実から逃れるためにギャンブルなど現実逃避に走ることもあり、さらに不幸を招くかもしれません。

ただし勝負運は悪くなく、追い詰められたときに強さを発揮することもあります。

 

外格(仕事・周囲)が「23」

「23」の画数は大吉 「発展、朝日、進歩」

男性にとっては大吉数です。

会社員ではなく自分で事業を起こして成功することが多く、苦労した分を確実に取り返すでしょう。

負けず嫌いでもあり、勝負ごとにも強い運勢をもっています。女性の場合は凶数です。

家庭よりも仕事を優先してしまい、離婚など別れを選択しやすいのです。

 

総格(一生・晩年運 50歳~)が「41」の画数は大吉 「繁栄、成功、事業」です。

この画数があればすべてに幸福をもたらす大吉数です。

とくに心身ともに健康に恵まれ、社会的に成功していきます。

周囲からの人望も厚く、孤独とも無縁な人生を送るでしょう。

商売はもちろん、芸能界や指導者など特殊な世界でも結果を出せます。

 

 

まとめ

 

清原さんの名前で【姓名判断】してみました!

姓名判断上で見てみると、基本的には強い運気を持つ良い画数なのですが、辛い現実から逃れるために現実逃避に走ることがあります。

 

ですが、41という数字は、人をひきつけ指導者としては大吉です。

 

鑑定結果を基に総合的に私が独自に掘り下げて鑑定すると

これまで大きなチャンスは「7回」ありました。

そのうちの3つは50才までに使い切り、1つは家族や親族によって消えています。

50才を超えてからは残り3つとなりました。

50才をこえてからはこの3つのチャンスをものにできるかどうかで清原さんの運命が今後大きく成長するか後退が決まります。

 

チャンスを掴むためには、とにかく行動をしつづけることです。

そして、なにか辛い現実が起こった時やイライラする事があったらどういった行動を取るのか考えておきましょう。

現実逃避するための方法をあらかじめ決めていると大きなトラブルになりにくくなります。

 

今回は、清原和彦さんの姓名判断を見てみました。

基本的には良い画数なので、自暴自棄になる点だけ注意するば、再び表舞台に立つことができるかと思われます。

参考になりましたら幸いです。