【姓名判断】結婚して凶になった!!苗字が変わった時の対策法

姓名判断(せいめいはんだん)でよくある質問のひとつに、結婚して性(苗字)が変わって「凶」になったらどうしたらいいですかというものがあります。

幸せな結婚のはずなのに画数が変わり、大凶が出てしまったらなんだか不安で目の前が真っ暗になってしまうかもしれません。

 

でも、安心してください!解決方法は3つあります!

よかったらご覧ください。

はじめに

姓名判断の名前は、戸籍謄本に書かれているものが適用されるのではなく

最もよく使われている名前で適用されるということです。

なので、自然でよく使える工夫をいくつかご紹介します。

 

名前の一部を新字体から旧字体に変えてみる

まず、一番のオススメは、あなたの名前、もしくは、新しい性やで旧字体にできるものはありますか?

もし、旧字体にできるものがあったなら、旧字体に変えて再度鑑定してみてください。

基本的に旧字体と新字体は画数が異なります。どちらかというと新字体は簡略化されて画数が少ないことが一般的です。

例えば、「花」という漢字

新字体は7画に対して、旧字体は、10画です。

 

なので、旧字体に切り替えることで凶数から回避できる可能性があります。

旧字体に変えたなら今後は、役所とかに提出する正式な書類以外の日常は、旧字体で過ごしてください。

読み方等は基本的にわからないので一番おすすめできる方法です。

 

名前をペンネームやビジネスネームを作る

2つ目はペンネームやビジネスネームを作る方法です。

こちらは、あなたは今ある名前とは別のもう一つ別の新しい名前を作るんです。

 

全く新しい名前でもいいですし、もし旧姓のままが良ければ旧姓を名乗りましょう。

 

姓名判断を見た上で受け入れる

姓名判断が良くないのは残念ですが、凶を受け入れて進むというのもありです。

凶数でも努力で成功を勝ち取っている人はたくさんいます。

有名人で言うと「大泉洋さん」

水曜どうでしょうとか私大好きだったので調べて見たら、5格中3格が凶でした。

でも、今も大活躍されている有名人の一人です。

 

つまり努力や環境で覆すことは十分可能なんです。

更に、あなたはツイていて、凶数であることに気づけました。

今後は、凶数に関することに注意して取り組むことができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

結婚して名前が変わったら3つの方法でお試しください。

 

私のオススメとしては、一度その凶数を受け入れて乗り越える。

それが難しそうだったら旧漢字にしたり、ビジネスネームに切り替えてみることをおすすめします。

 

最後に脱線しますが、日本の性を一緒にするのってなんというか古いですよね。

名前が変わる方は、保険証・免許証・銀行口座などなどあらゆるものを変更しなくてはならなくて非常に面倒です。

 

こういったやりとりめんどうだから、私は、夫婦別姓にしたほうがいいかなと思っています。

なんでもね簡単にしたほうが人生は幸せになります!