こちらは将来なくなるお仕事を姓名判断からご紹介していきます。

 

日本が成長して時代が進むと新しく生まれる仕事・なくなる仕事があります。

 

今回は、姓名判断で職種の名前が凶数になっているお仕事

令和時代になくなるかもしれないお仕事を5つご紹介します。

これから就職や転職を考えている方は是非参考にしてみてください。

 

弁護士は「破壊運」で凶

弁護士は「破壊運」で凶

弁護士の画数は28画

28画は破壊運 凶 「崩壊、陥没、混乱」

突発的な出来事に悩まされる凶数です。

思いがけない事故やトラブルに巻き込まれ、これまで順調だった生活が一変するなど、幸福から不幸への落差が激しい人生になりそうです。

弁護士のお仕事の半分以上は書類作成と言われています。

大きな弁護士事務所の場合、書類作成は外部に回すなんてことが多いそうです。

なので、そんな書類作成がAIによってなくなる未来が突然起こってしまうかもしれません。

 

販売スタッフは「強情運」で凶

販売スタッフは「強情運」で凶

販売スタッフの画数は27画

27画は、強情運 凶 「強情、頑固、偏屈」

努力が報われにくい凶数です。真面目に努力を重ねていてもなかなかチャンスに恵まれず、なぜか周囲からは非難を浴びやすいでしょう。

人間関係にトラブルを抱えがちで、一人思い悩むことが多くなります。

お店の販売スタッフ、レジ打ちなんかはなくなる可能性があります。

今でいうとコンビニやスーパーではセルフレジを導入されていたり、海外では買い物かごに商品を入れたら自動で商品を登録してお店から出ると登録している銀行から自動引き落としされるなんてシステムも一部導入されたりしています。

 

銀行員は「強引運」で中凶

令和で終わる危険なお仕事5選を姓名判断

銀行員は30画で「強引運」です。

強引運は、中凶 「強気、攻撃、強引」

能力があるので、他人の期待を受けやすい人です。
幅広く活動しますが、手を広げすぎて消化不良を起こすこともあるでしょう。

 

銀行員はですね、お金を預ける場として徐々に機能しなくなっています。

金利は0.01%でほとんど金利はつかないので、預けるメリットがすくないですし、お金を借りるのも今ではネットでできます。

支店を持つメリットが徐々に減っております。

おそらくITが進むと、受付窓口にいる銀行員なんかはそのうち不要となり、全てコンピューターで完結してしまうのではないかと思います。

 

タクシー運転手 36画

タクシー運転手 36画

英雄運 中凶 「横柄、傲慢、威圧」

他人に振り回されてしまう凶数です。

お人よしな面があり、人からの頼みごとを断れません。

自分だけが苦しむのならばまだ幸いな方で、とくには家族を泣かせてしまうこともあるでしょう。

他人の影響で人生の浮き沈みを経験することになり、何かと後悔の多い人生を送りやすくなります。

 

これは車の運転が自動可しようと言う流れがあるので今後かなりなくなりやすいと言えます。

いまだとアプリでタクシーを呼び出せるところで終わってますが、今後発展していくと、アプリで呼び寄せつつ、どこに行きたいか。そしてルートの設定ができるかもしれません。

カーナビみたいに有料道路使うのか、何の道が空いているのかとかいろんなことが調べられます。

ネイリストは「妄想運」 大凶

令和で今後なくなる危険なお仕事5選を姓名判断

ネイリストは12画で妄想運

妄想運は、大凶で「誤解、錯覚、絶縁」

何事も中途半端に終わってしまいやすい大凶数です。

心の優しくサービス精神が旺盛な長所があるものの、持続力がなく移り気な一面が凶運を引き寄せてしまいます。

ネイリスト 12画

ネイルは、現時点で3Dプリンターでわずか1分で作成できる「ネイルプリンター」なるものが開発されています。

人が直接人の手に向かって書くといった場面は、徐々に減っていく可能性があるでしょう。

 

 

まとめ

2020年時点ではまだ活躍しているお仕事ですが、今後無くなる可能性があるお仕事でした。

 

なくなるお仕事の共通を一つお伝えします。

それは、誰がやっても同じ結果になりやすいお仕事がなくなりつつあります。

例えば弁護士の書類作成は誰がやっても同じ結果となりますし、販売スタッフのレジ打ちも誰がやっても同じです。

同じ結果となりやすいお仕事はもしかすると令和の時代には消えてなくなっているかもしれません。

なので、できればあなただけの武器を見つける、もしくは作れるといいかもしれません。

その武器があることであなたの選択肢は増えてより良い就職・転職ができるでしょう。