姓名判断では、五行三才で性格を「天格・人格・地格」の三才の1の位の数値によって「木・火・土・金・水」の5つのタイプに分けることができます。

「木・火・土・金・水」を五行いうのですが、この五行から更に陰と陽があり全部で10個の性格に分けることが可能です。

 

今回はその10個の性格をご紹介します。

よろしければ、ご自身の性格と照らし合わせてみてください。

ただし、もっと緻密に性格判断をする場合には、人格を形成しているそれぞれの漢字の画数から特性をみます。また、性格には地格や外格、総格などの画数もある程度関わってくることをご承知置き願います。

 

1の位の数値が「1」の場合「木(陽)」

1,11,21,31,41,51など1の位が「1」の人が「木(陽)」に当たります。

考え方や言動などがおだやかなタイプ。

大人しく落ちつきのありしっかりしています。

内面は、力強く不屈の闘志をもっておりますが、わずかながら人を疑う傾向があります。

まじめで素朴であり、あまり活動的ではないですが、何事に対しても順を追って徐々に目的を実現する精神力と意志の強さがあります。

この数の人はリーダーたる資質をそなえています。

落ちついていて理性に富み、物事を論理的に考える力に秀でています。

逆境にあっても負けずに挑戦し続ける粘り強さがあります。

 

1の位の数値が「2」の場合「木(陰)」

2,12,22,32,42,52など1の位が「2」の人がの人が木(陰)になります。

基本的には、「木(陽)」とかぶります。

考え方や言動などが穏やかなタイプ。

大人しく落ちつきのあり一歩一歩着々と力をつけていく忍耐力と精神力があります。

とても穏やかで優しいのですが、逆境に陥ると人を疑ったりと他人を羨ましく思ったりする傾向にあります。

困難に耐えながら事を着実に進んでいくという性質です。

 

1の位の数値が「3」の場合「火(陽)」

3,13,23,33,43,53などの人が「火(陽)」に当たります。

活気がありはっきりしていて気持ちがよいタイプです。

活動的で何事にも果敢に挑戦するチカラをもちます。

ただしせっかちで感情が鋭いため少々短気な一面があります。

更にやや継続の力に乏しいところがあります。熱しやすく冷めやすいタイプ

またこの数を人格に有する人のなかには弁舌に長ける人が多く、才知秀逸な人はリーダーとなります。

 

1の位の数値が「4」の場合「火(影)」

4,14,24,34,44,54など1の位が「4」の人が「火(陰)」に当たります。

陽と同様で感性が鋭いため、芸術方面で才能を発揮したり、他人の感情にも細かく気付くことのできる素晴らしい長所をもっています。

ただ外見は落ち着いていますが、内面は感情の起伏が激しいタイプです。

なので突然キレたりスイッチが入るなど爆発的な気性があります。

どちらかというと、個人プレーが活かせるところでチカラが発揮しやすいでしょう

 

1の位の数値が「5」の場合「土(陽)」

5,15,25,35,45,55などの人が土(陽)に当たります。

温厚で人当たりの良い順良タイプです。
おおらかで落ちつきがあり、人と協調する力があります。
来る者は拒まずで人間関係は広くなりやすいでしょう。
内面は多少頑固でそれほど活動的ではありません。
でも、大事を成し遂げるだけの才覚と根気があります。

1の位の数値が「6」の場合「土(陰)」

どっしりと落ち着いていて懐が深く人当たりの良いタイプです。
度量が大きくて、小さな物事にこだわりません。
度量があり親しみやすい反面、人を疑ったりとやきもちを焼いたりがやや深い傾向にあるでしょう。
さらに、剛と柔の両面の気質をもっており、落ち着いてで大人しい印象もあれば、反対に頑固で荒々しい印象を与える場合もあります。

1の位の数値が「7」の場合「金(陽)」

強気で何事にも屈せず突き進む活発なタイプです。
一度決めた事は貫きとおす行動力と忍耐力があります。

ただしプライドが強く柔軟さに欠けやすく自分をよく見せたいという気持ちから自慢や嘘を弄することがあります。
少々剛情で頑固で、人との強調性がすこし苦手なんですが情に脆いのが特徴です。

1の位の数値が「8」の場合「金(陰)」

金(陰)に当たります。かざりけがなく正直で我道を行くタイプです。

金(陽)同様、一心不乱に目的へむかって進む力があります。

また意志が強い反面、内には繊細な気質をもち、細かな事に気付ける洞察力や観察力もあわせもっています。

ただプライドが邪魔をしてうまく関係を築けない口下手な人。

律義で情に脆いけど、実は優しいひとです。

 

1の位の数値が「9」の場合「水(陽)」

水(陽)は、行動力がとてもあり優れる賢いタイプです。

好奇心旺盛で活発なため、一つに留まることなく流れるように次から次へと移り変わりやすい傾向があります。

物事の判断は慎重で理性的、とてもクールな性格と言えるでしょう。

また判断力や直感力に秀でいます。

ただ飽きやすく、執着心がなく、移り気な面があります。さらに、活動の割にあまり成果を得られにくいです。

多くの活動が実らず疲弊と不平に陥りやすいでしょう。

1の位の数値が「0」の場合「水(陰)」

水(陰)は、活動的で頭は良いのですが、心配性な人です。

周囲に対して警戒心が強く、人を避けて孤独を好みます。

頭の働きが鋭く繊細で器用な面があり忍耐力にも秀でています。

しかし何かにつけて心配や不安が絶えず、動揺しやすいのが短所です。