今回は、姓名判断で相性を見る方法を2つご紹介します。

それは「五格の画数でみる相性診断の方法」と「三格の五行でみる相性診断の方法」です。

 

 

五格の画数で相性診断する方法

まず、お互いの五格の数字を出します。

次に、五格で同じ数字、もしくは同系列(1の位が同じ)の数字があるかを見てみましょう。

同じ格同士でなくてもOK。どこかに共通点があればOKです。

 

6 天格
10
4
外格
9
人格
16
12 地格
15
3
総格:25
3 天格
10
7
外格
9
人格
17
10 地格
16
6
総格:26

3つ同じ数字が重なったので6点でかなり良い相性と言えます。

相性の内訳は次の通りです。

 

0   相性悪い 凶

1~2 相性普通 吉凶

3  相性良い 吉

4  かなり相性良い 中吉

5以上   相性最高 大吉

同数の場合2点、同係数の場合1点

 

もう一例見てみましょう。

2019年に結婚された竹内結子さんと中林大樹さん。

このお二人は、どうでしょうか。

6 天格
10
4
外格
9
人格
16
12 地格
15
3
総格:25
4 天格
12
8
外格
20
人格
11
3 地格
19
16
総格:31

姓名判断の五行の観点から言うと、同係数が2つなので相性は普通でした。

 

この鑑定では、類似性の法則も関係しています。

「類は友を呼ぶ」と言われるように、私たちは自分と同様の好みや考え方を持っている人に対して好意を抱きます。

同じ数字であるゆえに、性格や内面の部分で似ている部分があり、相性が良くなりやすいんですね。

よろしければ一度お試しください。

 

三格と五行でみる相性診断の方法

こちらは、三格である、地格・人格・総格の3つのいずれかを使って調べる方法です。

三格の内どれを選ぶかは、年齢で決めます。

 

地格 20歳未満

人格 20~50歳

総格 51歳~

 

この三格はそれぞれの年齢で反映されやすい格になります。

 

年齢から選んだ三格の一桁目の数字の中から、「木・火・土・金・水」の五行のうちあなたと相手がどのタイプかを調べて相性を調べます。
1or2 木タイプ
3or4 火タイプ5or6 土タイプ
7or8 金タイプ
9or0 水タイプ

 

早速ですが、竹内結子さんと中林大樹さんで試してみましょう。

 

6 天格
10
4
外格
9
人格
16
12 地格
15
3
総格:25
4 天格
12
8
外格
20
人格
11
3 地格
19
16
総格:31

竹内結子さんは1980年4月1日で39歳なので人格16 土タイプ

中林大樹さんは1985年1月6日で34歳なので人格11 木タイプ

 

土と木で相性がよさそうと思いますが、

木は土中の栄養を奪い「木剋土(もっこくど)」といわれ、五行の中では悪い位置にいます。

これは「相克(そうこく)」いわれ

土タイプである竹内結子さんにとってはあまり良い相性とはいえません。

 

この五行には相関関係がありまして詳しくは、五行三才の下記記事をご確認ください。

 

姓名判断で出てくる五行三才とは?

 

まとめ

姓名判断で見る2つの相性診断でした。

こちらの相性診断をやるときの注意点は、画数の確認だけはしっかりとやってください。

画数を1つでも間違えてしまうと結果が大きく変わってしまいます。

画数に気を付けて気になる人との相性を調べてみてはいかがでしょうか。