姓名判断とは

姓名判断とは、なにかについてご紹介します。

「姓名判断ってなんだろう?」

姓名判断とは、<姓と名>の画数で運勢を解き明かしていく占いになります。

姓名判断の起源は、古代中国の 五行説や陰陽説にあります。

<姓と名>の画数や数値を使って『木』『火』『土』『金』『水』の五行に関連付けられたり、

陰(偶数)と陽(奇数)に基づき、姓名の画数から陰陽と五行のバランスを見ながら吉凶を判断します。

 

<姓と名>の文字の組み合わせを持って吉凶を判断するのが姓名判断になります。

 

基本は五格(天格・人格・地格・外格・総格)を主軸として吉凶を判断していきます。

その他には流派によってそれぞれ異なりますが生年月日と組み合わせたり、4運を見たり、 三才(天・地・人)をみます。

 

陰陽配列、読みの韻などを考慮して判断する手法もあります。

私は、誕生日と組み合わせてやっています。

 

画数は、姓名の文字それぞれの画数を、それぞれ法則にしたがい計算します。

人生にとって、大切な運気を知ることができるんです。

 

姓名判断をする時に考慮する漢字は、流派によって旧漢字だったり常用漢字と異なります。

私の場合は、普段使用している漢字を採用しています。

 

 

五格(天格・人格・地格・外格・総格)とは

五格とは、日本式の命名判定法」です。

五格は日本の運命学者 熊﨑健翁氏が、昭和3年に設立した総合運命鑑定所五聖閣』がベースとなっています。

熊﨑健翁氏は、明治時代から易学について学び、易学を究めたのち、「熊﨑式姓名学®」を考案された方と言われています。

 

では、その五格はどういったものとなっているか見てみましょう!

 

先祖・姓運(天格)

計算方法:名字の画数をすべて足した数

生まれた家から受け継がれる性の運です。

家庭や先祖に特有の運です。姓名判断では最も重要度が低い部分です。

 

社会運(人格)

計算方法:名字の一番下と名前の一番上を足した数

基本的な性格と協調性などを表す部分で、50~60歳くらいまでの運勢に影響が出ます。

その人が本来備えている個性や才能にかかわる部分です。

 

基礎運(地格)

計算方法:名前の画数をすべて足した数

幼少期から20代くらいまでを表します。

特に健康運を表します。天格の次に重要度は低いです。

 

仕事・周囲運(外格)

計算方法:総格から人格を引いた数

外格がいいと人間関係に恵まれます。

幸せは人が運んでくるものです。対人関係の運勢を表し、外からどんな人が近づいてくるかを表します。

人格と外格が影響し合って人生を形成していきます。

 

一生・晩生運(総格)

計算方法:天格と地格の合計

一生の総合運を示します。五行陰陽姓名判断では、とくに、50歳前後から晩年の運勢を表します。

総格は名字と名前のすべての画数の和で、姓名判断において最も重要なところです。

 

このほか、熊﨑健翁氏さん五格の後に、他の方から生まれたものとしては「家庭運」や「援助運」と言われたものもあります。

 

援助運

どんな親に育てられたのか。親に縁があるのか。ここは重要なところです。

また、社会での信頼度や成功を表します。

 

家庭運

結婚してからの家庭環境や、結婚運などを示します。

多くの女性は、結婚後に性が変わるため、変わった画数によって、円満な家庭を築けるかどうかの運勢が表れます。

 

姓名判断で何がわかる?

自分自身の性格や運勢、仕事運、潜在能力などを知ることができます。

五格で言うと次のとおりです。

 

天格  宿命・過去

人格  性格・人間性

地格  幼年運・潜在能力

外格  仕事運・家庭運

総格  人生全般

 

私の場合、運勢と改名、そして相性を鑑定することが結構好きです。

よりよい名前にしたり相性を見て未来をよりよくするためには、何をしたらよいかを伝えることにやりがいを感じています。

 

姓名判断は必要?

姓名判断は、名前に不安を感じた時に必要です。
人間関係や恋愛、仕事、家庭など運勢的に不安を感じた。
また悩みや疑問を覚えた時、自分の名前が影響してるのかも?
と感じた時に姓名判断を利用される方が多いです。
もし、悩みや不安を感じた際は、参考にしてみてもいいかもしれません。

インターネットの姓名判断だけでも大丈夫?

インターネットの内容で満足できたなら大丈夫だと思います。
もし、疑問を感じた際は、お近くの対面鑑定か電話占い等を利用して相談してみることをおすすめします。

文字にも陰陽があった?

私達の住む世界では、全て「陰(-)」と「陽(+)」によって成り立っています。

一番わかり易いのは電気ですね。

プラスとマイナス♪

他には、男姓(+)と女性(-)もわかりやすいですね。

 

そして文字にも、陰陽があったんです!

文字による陰陽は、こちら!

「陰」…偶数(2,4,6,8,10…)

「陽」…奇数(1,3,5,7,9…)

 

偶数の配列は、「陰」で休養や夜間を意味します。

奇数の配列は、「陽」で活動や昼間を意味します。

そしてこの「陰陽」は文字の配列として非常に大切な要素となっています。

 

では、どんな配列が良いのかと言うと、基本的にどちらも同じ位あると良いでしょう。

2字姓・2字名なら「陽:2」「陰:2」とか

3字姓・2字名「陽:2」「陰:3」など

 

バランスの取れたものがおすすめです。

そして更に陰陽のよい配列についてご紹介します。

良いと言われている四文字名の陰陽配置
偶数を黒丸・奇数を白丸であらわしたものです。
「●・○・●・○」
「○・●・○・●」
「○・○・●・○」
「●・●・○・●」
「●・○・●・●」
「○・●・○・○」
悪いと言われている四文字名の陰陽配置
「○・●・●・○」
「●・●・○・○」
「○・○・○・○」
「●・●・●・●」
「○・○・○・●」
「○・●・●・●」
「●・●・●・○」
「●・○・○・○」
「○・○・●・●」

 

ただですね、私は「陰陽配置」については気にしていません(笑)

それは、根拠となる理論や説明がどこにも載っていないからです。

なんとなく後付で足された主観的・恣意的な思いつきな部分が強い印象です。

流派によっては、全て陰だったり陽だったりすると吉数でも凶数に変わるところもあるようです。